ブスは嫌いだ!大嫌いだ!!

2016/06/01

あなたはブス好きですか?

嫌いでしょ。

私も嫌いです。

ブスが好きな男なんて
この世に一人もいないですよ。

だからもっと堂々と言えばいい。

「俺はブスが大っ嫌いだ!」

..

はい、でも言えません。

本当は言いたくても言えません。

言いません。

対面で

「お前はブサイクだがら嫌いだぜ」

なんてハードすぎます。

だから心の中で思っていても
ググッと押し殺して
あえて話題にしません。

「それが社会人としてのマナーであり、
相手を思う優しさなんだぜ」

そう自分に言い聞かせます。

伏し目がちになりながら我慢です。

あなただって私と同じはず..

.

一方、こんな輩もいます。

「私は人を外見で判断しません、心です。」

「美人は三日で飽きるけど、ブスは三日で慣れます」

「だから内面が良ければ私はその人を好きになります」

と、まあ要約するとこんな感じです。

(ここでは内面重視派と呼びますね)

こういう主張の方が女性からの評価が高い..のかもしれません。

少なくとも本人はそう信じているのでしょう。

だから、

「俺、ブスは嫌いなんだよね」

なんて言えば

「ヒドイ人、、最低!」

という具合になるわけです。

内面重視派以外は淘汰され、
「ブス嫌い宣言」できない世の中になります。

本物のブスが街を闊歩する時代到来です。

今そうなのかもしれません。

でも、

ちょっとだけ考えてくださいよ。

「この人はブスだけど俺は好きだ」

と言った瞬間、もうブスじゃないですよね。

「(この人のことをブスだという人は多いかもしれないけど)
俺にとっては美人だから、俺は好きだ」

という意味です。

つまり

【ブス好きな男は一人もいない】

ということになります。

言いたいこと、うまく伝わってますかね。

好きな人と嫌いな人、
理想の女性と避けたい女性を
選別しない男は存在しません。

もちろん男性だけじゃありません。

ですから最終的にその人にとっての条件を満たせば
その人は「好きな人」になります。

単純にそれだけのことです。

友人たちから「あの人はブスだ」と言われても
そんなの全く関係ありません。

その女性はその人にとって
最高の美女なのですから。

ブスじゃないんです。

だから内面重視派の人だって
「ブスは嫌い」なんです。

性格とか気遣いとか人間性などを考慮した結果、
「ブスは嫌い」なんですよね。

言ってることは私と全く同じなんです。

ということで、

街でブスに遭遇したら
あなたも堂々と言ってやりましょう。

「ブスは大っ嫌いなんだよ!!」って。

そして相手の意外な美人ポイントを見つけたら
その時も堂々と言ってしまいましょう。

「そういうところ大好きだぜ」って。

素直に本心を打ち明けることで
もっといい日本になる予感がします。