実は、超能力者でした。

山下です、

あなたは“超能力”を信じますか?

触れることなくモノを動かしたり、
未来を予知したり、空中浮遊したり..

現代の科学では到底説明できない現象。

そんな特殊能力を持つ人たちを、
“超能力者”とか“エスパー”と呼びます。

あなたは彼らの存在を信じますか?

私は信じます。

と言ったら、なんだかヤバイ奴と
思われそうなので若干躊躇します…

でもどちらかと言えば、私は信じます。

もちろんインチキというか、
人を楽しませるために興行として
超能力者を演じる人もいますよ。

でも、科学では説明できないことが
たくさんあることも事実ですよね。

私たちは本当に何も分かっていない
に等しいくらい無知です。

まだまだ知らないことが沢山あります。

その中の一つに“超能力”も含まれている
んだろうな、と思うわけです。

私は素晴らしい結果を残している人たち
の話を聞くのがとても好きです。

ビジネスでも、スポーツでも、
学問でも、投資でも、

どんな分野であっても、
一流と評価される人たちって
『秘密』を持っているんですよね。

その『秘密』を発見したくて、
注意深く観察し、話を聞く。

それがすごく好きなんです。

苦労してその『秘密」を会得した人もいれば、
生まれた時からすでに習得している人もいます。

経緯は様々ですが、必ず『秘密』が
あるんですよね。

一流の結果を出すための『秘密』が。

それで、今まで自分なりに調べた結果、
ほぼ全員に共通しているポイントがあることに
気付いたんです。

一言でいうと、それが

“超能力”

なんですよね。

「そんな、まさか」

と思いますよね。

でも、そう言うしかないんですよ。

他に適切な単語がないんです。

どういうことが説明しますね。

例えば野球選手(ピッチャー)の場合。

超一流選手は異様にコントロールが良いです。

ミリ単位で調節できる人たちです。

しかも、毎回毎回、結果がブレません。

まあ、超一流だから当たり前と言えば
当たり前のことなんですが、

普通はこんなことできませんよね。

でも、彼らは実行しているわけです。

そこで注意深く観察し、話を聞くと

彼らは「全く違う現実」を持っている

ということに気づきます。

まるで、凡人が悪戦苦闘している野球とは
全く違うスポーツをしているかのように
振舞っているわけです。

その理由を突き詰めると、

「見えない世界を見ている」

ということが分かります。

そう、科学的には存在しないはずの世界を
彼らは見て、信じて、実行しているんです。

ズバリ言います。

彼らはボールの軌道を“念力”で
コントロールしています。

投げる前、もしくは投げた直後、
ボールが理想の軌道を描くように
念じているんです。

そして、その通りにボールは動きます。

「そうなるように投げたから、そうなった」

と科学者は反論するでしょう。

でも、その考え方こそ凡人の発想なんです。

超一流の選手たちは、

「念じたから、その投げ方になった」

と考えています。

つまり、念じることが先にあるわけです。

例えばストンと落ちるフォークボール。

超一流選手は、投げる前からもうすでに

どのくらいの速さ、高さから、どこまで
どのくらいの勢いで落ちるか。

という詳細が分かっています。

なぜなら、そう念じるから。

普段の練習ではこの”念力”を鍛えるための
トレーニングをしているわけです。

どうでしょうか。

なかなか信じがたい話ですよね。

なので、今度はあなた自身で
確かめて見てください。

どんな分野でもかまいません。

とにかく飛び抜けてスゴい結果を出している人
の話を注意深く聞いて見てください。

驚くかもしれませんが、必ず
“超能力”を活用していることに
気づくはずです。

さすがに空を飛んだり、瞬間移動したり
しないかもしれません。

でも、細かく突き詰めて観察すれば
科学では説明できないレベルの現象が
存在することに気づくはずです。

もしかすると、私たちは全員
「超能力者」なのかもしれません。

今はその能力に気づいていないだけ
なのかもしれませんよね。

もし、あなたの能力が解き放たれたなら、
一体どれだけの変化が起こるでしょう。

まだまだ知らないこと、
不思議なことだらけ。

この世はデッカい宝島!

って感じでワクワクしますよね。