北朝鮮が弾道ミサイル発射

山下です、

日本政府によると、本日、午前3時18分ごろ
北朝鮮西岸から弾道ミサイルが発射され
午前4時11分ごろ日本海に落下しました。

あなたはどう思いますか?

「さすがに日本領土には落ちないでしょ」

「騒ぎすぎだよ」

という考えもあるでしょう。

「ヤバイぞ、戦争が起こるぞ」

「次は東京だな」

という意見もあるでしょう。

どうですかね。

私の考えを言います。

私は、日本にミサイルが落ちる可能性も
戦争が起こる可能性も極めて低いだろう
と考えています。

ですが、「そう思わないと生活できない」
という前提があるのかもしれません。

だから無意識で「考えたくない」と思い、
“見なかったこと”にしているのかもしれません。

それじゃ、ダメですよね。

なので、私もあなたも含めて、全員で
もっと真剣に議論するべきなんでしょう。

まず最初に現状を知る必要があります。

今朝発射された「弾道ミサイル」。

これが日本に着弾するのか、しないのか
ということでニュースになっているわけですが、
この「弾道ミサイル」の現状。

日本に着弾させる能力を持った国は、
アメリカ、ロシア、中国、インド、
そして北朝鮮です。

そう、北朝鮮ってもう何年も前から
日本に着弾させる兵器を持っているし、
おそらくロックオンしています。

ですか、らもうすでに日本はロックオンされている
という事実を知る必要があります。

もちろん、性能や数の違いはありますが、
核兵器を搭載できる国々です。

北朝鮮については微妙な部分もありますが、
しかし、もうすでに日本は危険なんですよね。

が、ニュースになったでしょうか。

私たちは戦争の危機を感じたでしょうか。

一切なかったですよね。

そして事実、ミサイルは着弾しなかったし、
戦争も起こっていません。

もちろん今回とは条件が全く違うでしょう。

アメリカ、ロシア、中国とは国交があります。

ですから、一応は話し合い、交渉できる条件が
整っているわけです。

ミサイルが発射される前に、戦争になる前に
やれることが沢山ある。

だから大丈夫なのかもしれません。

しかし、本当に大丈夫なのでしょうか。

弾道ミサイルや核兵器は使わない、必要ないなら、
なぜ保有しているのでしょうか。

それは“必要だから”ですよね。

使わないけど、必要。

つまり、話し合いを有利に進める効果が
あるわけです。

同じ交渉であっても、全裸のもやしっ子と
ガッチガチに武装した筋骨隆々男とでは
やはり対等な話し合いはできないでしょう。

それを期待して、保有している。

だから使わなくても、必要なんです。

日本とアメリカは同盟国ということもあり、
今まで「核兵器」や「弾道ミサイル」につて
問題視せず、騒ぐこともありませんでした。

ですから、「核兵器」や「弾道ミサイル」
そのものが問題じゃないんですよね。

実際、日本には届かないかもしれませんが、
他にも「弾道ミサイル」や「核兵器」を常備
している国々は存在しているわけです。

イギリス、フランス、インド、パキスタン、
イラン、イスラエル。

そうすると、

「俺はOK、でもお前はダメ」

という“誰が”持つか、というところに
問題があることが分かります。

アメリカのトランプさん、OK。
ロシアのプーチンさん、OK。
中国の習さん、OK。
北朝鮮の金さん、ダメ!!!

という話ですね。

では、ダメな理由は一体何なのでしょうか。

私の勝手な推測ですが、おそらく

「言うことを聞かない、生意気だから」

という理由なんだと思います。

分かりませんけどね。

話がながくなってしまいそうなので、
そろそろ終わりますが、ここまでの話で

「日本がどうするか」

という話が一つもないことが
とても情けないですよ。

アメリカも、ロシアも、中国も抜きにして
一体私たちはどうしたいんでしょうかね。

他国が何をしたかという報道だけで
右往左往させられているようで、
本当に不甲斐ないです。

私たちは他国を変えることはできません。

でも、私たちの日本に問題があるなら
それを変えることができます。

抗議すると言って、中国にある北朝鮮大使館へ
FAX送信するだけで本当に良いんでしょうか。

アメリカ、ロシア、中国、そして北朝鮮と
私たちは本当に対等な立場なんでしょうか。

「ミサイルが飛んできた」

「核実験で揺れた」

というような分かりやすい出来事だけに
飛びついていると、本当の問題が見えなく
なるような気がするわけです。

あなたはどう思いますか?