フルパワーで生きる方法

山下です、

この前2018年がスタートした
..と思ったら、もう一ヶ月経過。

早すぎます。

本当に早い。

歳をとればとるほど時間が早く
感じられるって言いますけど、
本当ですよ、これ。

この調子で、

「もう2018年が終わった」

「早い!早すぎる!」

なんて同じことを言いながら、
アッという間におじいちゃんになって、
旅立ちの時を迎えるんでしょうね。

まさに百年一瞬。

寿命を大切に、志、理想、夢を抱いて
人生を全うしたいものです。

生きずに死ねない

それで、奇妙な話になりますが、
やっぱりこう考えてしまうわけです。

「なぜ、人は生きるのか?」

私には答えなんて分かりません。

幸せになるため
天国に行くため
生きがいのため

人それぞれ信念があるでしょう。

でも、確実に言えることは

『生と死は同時に出現する』

ということでしょう。

2つで1つ。

2個セットなんです。

当然ですが、生きていなければ、
死ぬこともありません。

生きることと、死ぬこと。

実は同じ意味なんですよね。

ですから、生きる意味って、
自分の死、寿命抜きでは
見えてこないんでしょう。

歴史に名を残すほど凄まじい業績を
残した人々、大成功した人たちって、
やっぱりこの部分を深く深く理解
しているんだと思います。

だからこそ大活躍できたんでしょう。

あ、ネガティブな話じゃないですから、
勘違いしないでくださいね。

あくまでも「生きる」ために必要な
話をしているだけですから。

有る、だから無い

この2個セットって、実は
「この世界にある全ての物事」にも
当てはまるんですよね。

例えば、今あなたが見ている
目の前の画面。

見えてますよね。

実は、見えたと思った瞬間に
「見えていない存在」も確定
しているんです。

もう一度言いますね。

あなたがこの画面を「見た瞬間」に
画面以外の「見えない存在」も
確定しているわけです。

あなたが今、この瞬間見てなくても
見えるであろう存在って無数に
ありますよね。

ちょっと右を見たら、窓があったり
おばちゃんが歩いていたり、
上だったら天井だったり、雲だったり。

ありますよね、今は見えていない存在。

つまり、「見る」という行為って
「見えるもの」と「見えないもの」の
両方を確定させる行為なんです。

見えなければ、見えるも見えないも
初めから存在しません。

事実、私たちが見えているモノって、
この世に存在するモノの中で
ごくごく、ごくごく限られたモノです。

視界も、場所も限定されていますし、
そもそも一部の電磁波(可視光)しか
見えませんからね。

他でも全部同じです。

聞こえる音、食べ物の味、香り、肌感覚。

私たちが認識できるもの全部、
2個セットです。

知識でも同じ。

「知った」瞬間、「知らない」情報が
確定します。

好き嫌いでも同じ。

「好き」な瞬間、「嫌い」が誕生します。

言葉も同じですね。

「1」が存在した瞬間「1以外の数字」が、
「日本」と書いた瞬間「日本以外」が
「社長」を認識した瞬間「社長以外」が
存在することになります。

本当に不思議ですよね。

この2個セットに気づけば、視界が
ググッと広がり、ただありのままの状態
を見ることができそうですよね。

上も、下も、良いも、悪いも、生も死も、
ただ「その状態」というだけのこと…

なんだかお釈迦様みたいな話になったので、
今日はここで終わります。