《花の冠(かんむり)》絶賛ウルトラ・メガ・ヒット中!

2017/07/21

山下です、

日本で売上高1位の企業、
トヨタ自動車株式会社。

2017年4月1日~2018年3月31日、
売上高の見通しは27.5兆円。

営業利益は1.6兆円。

兆とか、もう理解不能です。

営業利益だけでも、カンボジア王国の
国内総生産(GDP)とほぼ同じ。

とてつもなく稼いでいます。

今回は、そんなトヨタの大ヒット商品

「カローラ」

について話します。

トヨタといえば、カローラ。

カローラといえば、トヨタ。

それくらい売れています。

1966年に販売を開始してから、
今までに4410万台売れました。

全ての累計が2億3千万台ですから、
だいたい5台に1台がカローラです。

今でも15秒に1台売れていますから、
これはもう経営者が悶絶するほどの

スーパー・デラックス・ヒット商品です。

もちろん、世界一売れています。

私たちは「売れた理由」を解明することで
ビジネスに活用することができますよね、
っという話です。

1)すぐに解決したい問題がある

人間は、生活のために移動します。

仕事で荷物を運んだり、買い物に行ったり
移動する必要があります。

自動車なしでは生きていけない
と言っても言い過ぎではないくらい

世界中の人が自動車を求めています。

2)問題解決を約束してくれる

カローラ最大の特徴は

「故障が少なく、燃費がいい」

という点です。

自動車は100万円以上払って買うような
高級品です。

何回も買い換えることができません。

自動車で事故でも起こしてしまえば、
命にかかわる可能性だってあります。

ですから、すぐ壊れてしまうようじゃ
困るわけです。

3)明らかな証拠がある

当時はメイドインジャパンとして
日本国内でも爆発的なヒット商品でした。

ですから実際に多くの日本人が
愛用していました。

故障も少なく、燃費も良く、小回りがきいて
しかも修理などのアフターケアも充実している。

なによりも、自分でカローラを試乗して
良いところを実際に体感することで
動かぬ証拠になるわけです。

4)カンタンな購入方法

トヨタ自動車のセールスも特別でした。

フランチャイズ店のような販売店舗を
量産して、セールスマンの教育や
試乗や修理もできる設備を揃えました。

コンビニみたいに、いつでもフラッと
立ち寄れるような場所です。

そこで、一言

「買います」

といえば、あとは自宅まで納車してくれる
という体制があります。

今は保育所まで設置してありますから、
力の入れ方がハンパないです。

5)他にマネされない参入障壁

カローラが素晴らしい自動車だったとして、
誰でもカンタンにつくれるようじゃダメです。

ライバル会社との競争になってしまいます。

カローラって、他じゃつくれないんですよね。

専用の研究施設を完備し、
開発から試作、製造まで、ほぼ全てを
社内で行なっています。

なので、その「秘密のノウハウ」は
決して部外には漏れません。

毎年数千の特許もバシバシ取得しています。

さらに、トヨタ自動車は1937年創業以来、
愛知県豊田市トヨタ町1番地を中心とした
大帝国を築き上げています。

下請け、孫請け会社からのスムーズな

部品供給システム。

本社工場の生産管理体制。

どれもマネできないレベルの完成度なので、
世界中の誰もマネできません。

トヨタしかつくれない。

だからトヨタから買う。

という状態こそ、カローラが売れ続ける
理由なんです。

以上、「カローラ、バカ売れの秘密」を
5つに分解してみました。

「当たり前じゃないか」

と思ってしまうかもしれません。

その通り、当然です。

でも、あなたの商品でも「当たり前」に
なっているでしょうか。

あなたの商品にも「バカ売れの秘密」が
当たり前のように盛り込まれているでしょうか。

今回のポイントは、そこなんですよね。

トヨタのレベルまではないにしても、
少しでも近づく工夫が必要なんです。

学べるところ、改善できるところは
どんどん取り入れていきましょうね。