アパートに生首9個を保管した男

山下です、

家賃1万9千円、6畳のワンルーム。

どこにでもありそうなアパートに
9人の生首が保管してありました。

今年の夏頃からクーラーボックスに入れ、
腐敗で頭蓋骨がむき出しになっていました。

想像しただけでも、吐きそうです。

あなたもご存知だと思いますが、
神奈川県座間市の小田急線沿いで
発覚した殺人事件。

逮捕された犯人は20代後半の男性。

現在は警察が詳細を解明中なのですが、
私にとって大きなニュースでした。

なので、今回は私が考えたことを話します。

ニュース以上の情報はありませんので、
私の意見はどうでもいい、色々調べたい
という人は他を当たってください。

よろしいでしょうか。

..

私が言いたいことは以下3点です。

事実その1)毎日3000人死亡

まず初めに、毎日3000人の日本人が
この世を去っているという事実を
しっかりと押さえておきたいです。

老衰、病気、事件、事故..

原因は様々ありますが、とにかく
毎日毎日3000人が死んでいます。

一週間で2万人、一ヶ月で9万人。

今回の事件も含めて、主にテレビ局の
ディレクターさんが選別した事例のみを
私たちは知らされることになります。

命の重さを考えれば、そもそも選別する
こと自体に問題があるはずですが、

とにかく本当に一部しかニュースには
ならないことも事実。

事実その2)氷山の一角

今回犠牲になったであろう9名も、
実はたまたま報道されただけ
という可能性も十分あるわけです。

ですから、実は報道されていない、
もしくは表に出ていない隠れた事例も
たくさんあるでしょう。

まさに氷山の一角。

同様の事件が、実はたくさん隠れている
可能性について十分認識しておく
必要があります。

私がこの事件を聞いて、ゾッとしたのは
この部分なんですよね。

今回はたまたま犯人が逮捕されたから
私もあなたも知ることができました。

でも、もし同じような猟奇殺人が
いやもっと酷い事件が隠れていたら…

それはあなたの近所、すぐ隣の部屋で
行われているとしたら…

恐ろしいです。

想像しただけで身の毛もよだちます。

事実その3)やがて忘れる

もちろん疑ってばかり、警戒しっぱなしで
私たちは生きていけません。

人間不信じゃ社会が成り立ちませんから、
いつかは忘れる必要もありますよ。

おそらく12月になったら、ほぼほぼ
記憶から削除されるでしょう。

クリスマスとかお正月とかで
綺麗さっぱり消去され、「無かったこと」
になるでしょう。

私だって忘れるかもしれません。

いや、忘れたいですよ。

でもそれじゃダメだと思うんです。

犠牲者だって報われませんから。

ですから、可能なかぎり深掘りして、
再発しないように、あなたやあなたの
大切な人たちも犠牲にならないように
原因を知る必要があります。

  • 殺人の目的は一体何だったのか
  • 犯人にはどんな特徴があったのか
  • 犯行を助ける人や条件は何だったのか

まだ分からないですが、私たち全員が
見逃せないポイントです。

そして何よりも犠牲者について。

私が特に気になるのがSNSを活用した
のではないかというポイント。

今、あまりにも簡単に情報を公開しすぎ
ているんじゃないかという点です。

無防備すぎたんじゃないでしょうか。

絶対安全ということはありませんが、
でも警戒くらいはしないとダメ。

「あー怖い」

で終われせることのないよう、
メリットだけじゃなくてデメリットも
認識する必要がありますよね。